耐震性について

こんにちは。

センコーホーム(株)の萩原です。

今回は少し真面目な内容になりますが、私の価値観や考え方が文章に反映してしまうことをご了承頂ければ嬉しく思います。

住宅性能表示制度において、耐震性を評価する項目が「耐震等級」です。

耐震等級は1~3の基準がありますが、その内容は↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

耐震等級1   極めて稀に(数百年に一度程度)(震度6強~震度7)発生する地震力に対し倒壊、崩壊しない程度

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

耐震等級2 耐震等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対し倒壊、崩壊しない程度

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

耐震等級3 耐震等級1で耐えられる地震力の1.5倍の力に対し倒壊、崩壊しない程度

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜ、耐震等級というものがあるのか?

それは建築する上で法律があり、その内容がどんどん改正されていったからです。

そもそも建物というのは、自分が所有する敷地内であっても好き勝手に建てていいわけでなく、守らなければならない一定の基準があります。

それを定めた法律が建築基準法で1950年に制定されました。

建築基準法の中に耐震性に関する基準があります。

1948年の福井地震の影響を受けて法制化されているからです。

その後、大地震が発生する度に、建築基準法は改定されているのです。

1964年の新潟地震で起きた液状化現象を受けて、木造建築でも基礎部分をコンクリートにすることが義務付けられたり、大きなターニングポイントとも言うべき大幅な改正が行われたのは1978年の宮城県沖地震を受けて改定された1981年の新耐震基準が今も基盤となっています。

1981年に出来た新耐震基準が2000年に1.4倍の最低基準に改正されました。

1981年の耐震基準でも震度6~7には耐えられる設計にはなっています。

それを1.4倍も強めた基準が耐震等級1にはなるという事になります。

この耐震等級1を満たしていないと法律でひっかかりお家を建てられないという事になります。

どんなにお安い建売住宅でも耐震等級1以上は必ずあるという事です。

何がお伝えしたいかと言いますと、耐震等級1~3がある事により、耐震等級1が地震に弱いと思われがちなんですが、耐震等級1でも数百年に一度の震度6~7には耐えられる設計にはなっているのでご安心をして頂きたいという事です。

耐震等級3は金額がかなり高いのか?

超ローコスト住宅でも耐震等級3は可能です。

これは木造住宅の工法ですが大きくは在来工法とツーバイフォーなどがあります。

超ローコスト住宅でも耐震等級3が可能だとお伝えした根拠はツーバイフォーはパネルで家を組み立てて行くので頑丈ですが、吹き抜けや大きなリビング、大きな窓など間取りの制限が出来てしまうのがデメリットです。

制限は多いですがツーバイフォーだと耐震等級1と言うのが逆に難しく、最低でも等級2、普通に作っても等級3は取れるはずです。

では、在来工法が弱いのか?

そういうわけではなくて在来でも色々工夫が出来て木造軸組と耐力面材を組み合わせたり、接合部に金物を使ったりと耐震等級3も割と簡単に出来ます。

ただし、ツーバイフォーと同じように耐震等級3となると吹き抜けや大きな窓を取れなかったりと色々な制限がかかります。

その上、耐震等級3を取る為には「限界耐力計算」と「保有水平耐力計算」というような構造計算を専門の方にお願いして申請して頂かないといけないので割高になってしまうのです。

もちろん、耐震等級3のお家や長期優良住宅のお家がどうしても良いと言われればメリット・デメリットをお伝えした上で進めることは可能です。

しかし、私は建築家とのお家づくりの中にあるデザイン性や斬新な提案、縛りのない水回り設備・屋根材・外壁材・工法・断熱材などの総合的にバランスの取れたオシャレだと思って頂けるようなお家づくりを一緒にしていきたいので耐震等級3や長期優良住宅といった縛りの中でのお家づくりになると弊社じゃなくてもいいんじゃないかと思うのが本音です。。

もちろん、2階建・3階建のお家じゃなくて平屋になれば耐震等級3や長期優良住宅は少ない縛りになりますのでデザインなどのご提案の支障にはあまりなりません。

皆様にご報告があるのですが、実をいうと私もお家を弊社にて建てることになりました。

長期優良住宅にしてみようと思って計画していましたが、長期優良住宅は断念してゼロエネルギー住宅にしました。

なぜ断念したかは、今回のブログと関連していますので次回のブログにてご紹介させて頂きます。

次回は長期優良住宅についてのブログにして、その次は現場の近況報告を致しますので宜しくお願い致します。

 

いや~、かなり長くなりましたが最後までお読み頂き有難うございました。

センコーホーム(株) 萩原  TEL 0120-86-3159