福岡市南区柏原の家

こんにちは!

センコーホーム(株) 新人の井上と申します。

宜しくお願い致します。

途中からになりますが基礎配筋後の検査を受けています。

配筋検査とは、設計図通りの配筋がされているか図面と施工現場を照らし合わせ、確認することです。

配筋検査では、鉄筋径、鉄筋本数、かぶり、あき、定着長さ、納まりなど、様々なことをチェックします。

色々なものが自動化された現代でも、鉄筋は人間が組み立てます。

建物ができあがって、鉄筋が1本でも間違えると大変です。

施工ミスを防ぐためにも、配筋検査は重要です。

どれだけ配筋検査が重要かがお分かりいただけたでしょうか?

ということで配筋検査は必ず実施されています。

これから、こちらのお宅の進行状況を上げていきますので楽しみにしていてくださいね。